新型FJ1600「WEST04J」開発レポート
お問い合わせ先→WEST RACING CARS

開発レポート 完結編

2003.10.30 WEST04Jを各部でご紹介させて頂きます。

開発レポートで報告させて頂きました通り、当社のニューマシン「WEST04J」は 予想以上の完成度を示し、各方面から注目をあびています。
後は、実践で成績を出すばかりとなっています。
ここで「WEST04J」の各部をご紹介させて頂きます。
FJ革命と歌ったとおり各部に新しい取り組みを行なっています。
1、サスペンション
常識的に使われていたサスペンションアームの根元にはピロボールがありません
メンテナンスフリーとコストダウンを現実的なものにしました。
フロント   リア
フロント          リア


2、バネ下軽減
レーシングカーのポテンシャル発揮に大きなウエイトとなる、バネ下重量をオリジナルブレーキキャリパー製作により 大きく軽減し、性能向上に寄与している。










3、フレーム剛性UP
メーンフレームに太いパイプを使用し剛性UPしているが、 特にエンジンを搭載する部分のリアフレームを、 熔接組立によるバルクヘッドでガッチリと受け持ち、全体としての剛性を向上させている。









4、エアロダイナミックス
FJの規則によりウイングが取り付いてない為、コーナーでのスライドは大きいものとなっている。 「WEST04J」は冷却性能向上と共に、リアのグリップをあげる為、サイドポンツーンを独特なデザインにしました。









5、デジパネ標準装備
この価格でデータ-解析ができるデジパネがついています。
 1、エンジン回転
 2、水温
 3、ラップタイム
 4、スピード(オプション設定)
 5、Gセンサー
がついていて、走行後のデーター解析はバッチリです。







6、テールランプの取付
雨天時にはテールランプの取付方により、後方に確認しづらい状況があったが、 今回は、大き目のランプを高い場所に取付けた。これで雨天時、後続車にアピールできる。














以上、レポートの最後として説明出来なかったところを、ご紹介させて頂きました。
後は、現車を見て頂だく事を心待ちにしております。
2004年度はFJレースシリーズでチャンピオンを取れる様、マシン開発に情熱を掛けて行きます。
応援下さい。


お問い合わせは当社までお願いします。
MAIL:west@west-racing.co.jp
TEL:0593-79−0939
ウエストレーシングカーズ(株)

開発レポートVOL.8

2003.10.12 「WEST04J」完成!!!

待ち焦がれたカウルが出来上がりWEST04Jが完成しました。

ついに完成しました!

フロント


2003.10.16 鈴鹿サーキット南コ―スで、シェイクダウンテストを行う。




元FJチャンピオンの渋谷勉選手によってテストを開始。
すぐに54秒台が出て、素晴らしい完成度を披露した。

渋谷選手のコメント ● 素晴らしくコントルーラブル
● 路面にすいついてる感じでグリップ感がすごい。
● フレーム鋼剛性がいい。
などなど、いいコメントばかりで、こちらもヨダレが思わず出てしまいそう。

スバルのエンジンは暑さにはめっぽう弱くて、水温が気になったが南コースで60℃をきる状態で、 カウルとラジエターの設計に狂いは無かった。

2003.10.17 鈴鹿サーキット西コースでのテスト

前日の南コースにおけるテスト結果が良好だった事で、本コースにおいても期待出来ると 意気込んで早朝から気合が入ってテストに望む。
  9時40分
 コースイン
一番気になっていたWEST 04Jのトップスピードに関してはストレートエンドでエンジン回転 7000rpmを示し、空力的にも特に問題は無い事を実証し、データ―ロガ―で214km/hの数値を確認した。 これはFJ1600ではトップクラスのスピードと言える。

西コースへコースイン セッティングを繰り返す
西コースへコースイン          セッティングを繰り返す

午前2回、午後2回の走行テストを行ないセッティングを進めていく中で、車はその変更に敏感に応じて メーンフレームの剛性のよさを示してタイムはどんどん良くなっていく。
最後に、本日のベストは1分25秒99を出した。
その日のFJ走行でのベストは1分25秒7であった事を考慮するとシェイクダウンでこのタイムは 出来過ぎと思われる。
テストに協力してくれた渋谷選手は10年ぶりにフォーミュラカーをテストしたが 「このマシンならすぐに勝ちに行ける」と好評価をしてくれた。
この日の「WEST04J」のデータ―
ベストタイム1分25秒99
ストレート最高スピード 214km/h
水温62℃
天候晴れ
気温25℃
テストドライバー渋谷 勉
設計&開発川北 弘毅

開発レポートVOL.7

2003.10.10 「WEST04J」ついに完成!!!

お待たせしました。10月10日、待望のカウルが出来上がってきました。
フィッティングをして、
ついに完成の一瞬です。


※画像をクリックすると、大きい画像が見れます。
クリックで大きい画像が見れます
カッコイイ――!!

クリックで大きい画像が見れます
速そうーー!!

クリックで大きい画像が見れます

これで後は鈴鹿サーキットで10月16日から、いよいよ本格的なテストを行う予定となっています。
ご興味のある方は、是非10月16日南コースへ、そして17日は西コースへ足をお運びください。

素晴らしい出来栄えを確認して頂けると思います。


完成車輌価格の発表
¥2,826,600-(税込)
(ホイール&タイヤ ついてます)

コストダウンに重点をおき、苦労の末はじき出した価格です。

☆ 主な車輌装備内容をお知らせします ☆
1、FJ規定に加工された、スバルEA71エンジンとT/M Assyが搭載されてます。
2、デジパネ装備
   データ―ロガ―、タイム測定機能が標準装備。
3、軽量オリジナルキャリパー装備
   オリジナル設計による、鋳鉄2ピストンキャリパーが装着されています。

などなど、高品質で完成車がこの価格とは!嬉しいぃぃーー!
来年度から、FJレースを始められる方にはGOOD NEWS
早い目に当社へアクセスを!


開発レポートVOL.6

2003.10.01 「WEST04J」 シェイクダウンテストを行う

カウル以外は新型FJが完成し、10月1日テストコースにてシェイクダウンテストを行った。
基本素性を見るため走行、操縦安定性、ブレーキ性能、基本バランス等を確認。
約1時間のフルテストにもかかわらず、素晴らしい完成度を見せた。
後は、カウルを取り付けて鈴鹿サーキットにて完成テスト走行を10月16日に行う予定です。

テスト風景1 テスト風景2
テスト風景

ストリップシャシーとして完成
ストリップシャシーとして完成

販売予約、ご質問など、お問い合わせはは当社まで!
ご連絡お待ちしております。


開発レポートVOL.5

2003.09.30 私共の新型FJ 「WEST04J」 の完成図(3D CAD)をお見せしましょう。

ストリップシャシー
ストリップシャシー

フロント
フロント
リア
リア

サイド サイド


完成予定日は10月中旬です。
ローリングシャシは9月末に完成し、後はカウルの製作を待つのみになっています。
では、完成するのをお楽しみに...。


販売価格は???

ついつい、忘れていましたが、「WEST04J」の販売価格ですが、今計算中であり、 なんとか低価格にするべく頑張っています。もう少しお待ち下さい。
そして、ご購入ご希望の方は、是非、当社へお問い合わせください。

当然、販売予約も受付中です。

開発レポートVOL.4

2003.09.26 メーンフレームも完成し、サスペンションの組立てが始まりました。
メーンフレーム






高剛性に富み、
そして安全性も向上しているのが
分かると思います。
エンジンも搭載され、いよいよ最終段階になってきました。


FJの為に、今回特別製作した、鋳鉄製の2PISTON,キャリパーも完成して取り付けられています。

そして、カウルの方もマスターモデルの造形が進んでいます。
今回は全て3D CADからのデーターでマスターモデルの製作を行っており、 正確かつ、スピーディーに進んでいます。

開発レポートVOL.3

2003.08.30 いよいよ、メーンフレームの製作を開始、定磐上で組み立てが行われて、スペースフレームの 骨組みが出来上がりつつあります。

クリックで大きい画像が見れます  
↑クリックで大きい画像を見ることが出来ます。↑

特に、今回はドライバーの安全性向上を考えた上で、フロントからリヤ迄、太いパイプを使用し、 見た目でも剛性UPと、安全性の向上が理解して頂けると思います。
サスペンション関係もどんどん進んでいて、フロントアップライト、リヤアップライトと 製作がすでに済み、組立て状態までお見せできます。

F.アップライトAssy
F.アップライトAssy

R.アップライト廻り
R.アップライト廻り


リヤサスペンションを仮組みし、最終確認をしているところです。


開発レポートVOL.2

2003.08.09 3D CAD上では、いよいよ、最終の段階にはいってきました。 今回は、当社が過去に製作してきた、FJのパーツを一切承継せず、 すべてを見直し設計を進めています。 レギレーション上、ブレーキキャリパ―は鉄製の2ピストンに規定されており、 今回はキャリパ―まで、オリジナルで製作を進めています。

その他、新しいトライもして、やる気十分で毎日頑張っています。 そして、少しずつ製作も進んできており足廻りも製作中です。 8月中には、なんとかフレームまで製作出来るかなーと思います。

では、だいぶ進んだWEST04Jのレイアウト図をお見せします。





開発レポートVOL.1

2003.07.10 ウエストレーシングカーズ(株)では、久々にFJ1600の開発に着手しています。
各部分の新規見直しをして、高品質で低価格な設定が出来るよう努力しています。
完成予定は9月を目標に進めています。
まずは、今現状で設計が進んでいるところから、ご紹介したいと思います。
開発ポイント 1、フレーム剛性UP
2、安全性のUP
3、バネ下重量の軽減
4、空力性能のUP
5、コストダウンの追及
等を最重要視して、3D CADで設計を進めています。

現時点でお見せできるレイアウト図です。









ウエストレーシングカーズ(株)
http://www.west-racing.co.jp/
〒513-0825 三重県鈴鹿市住吉町5769-8
TEL:0593-79−0939   FAX:0593-79-9272